bookmark_border銀行系カードローンの利用は減るのか?

業界側の自主規制の流れにより、銀行系カードローンの利用は厳しくなります。

プロミスならカードレスキャッシング

即日融資といった速い審査を売りにしているところは、これからは暴力団対策のために時間をかける必要がありますので

審査時間は長くなりますし、審査についても総量規制に近づけるということで審査が厳しくなってきています。

そうなると、早めに借入したかった人や銀行の審査が通るか通らない人が借入できない状況になってしまいます。

また、借入金額も以前のようには生きません。

それなので、基本的にはお金の借入をすることが出来ない人が増えることが予想されますので、銀行系カードローンは

今後は減少していくことになるkと尾が考えられるのです。

以前と変わらない範囲で利用できる人もいますが、そういった人もいくらか減るでしょう。

bookmark_border総量規制の対象外になっている銀行カードローンで借り入れをするメリットは?

消費者金融は総量規制の対象になっているので借り入れする時に年収制限をされてしまいます。しかし銀行カードローンは総量規制の対象外になっているので借り入れする時に年収制限をそこまでされない事もあります。それで借り過ぎてしまう事も多いので返済する時に負担がかかってしまいます。しかしメリットになる点もあるので見ていく事にしましょう。

プロミスならスマホで申込み※無人機で即日融資も可能

総量規制の対象外になっている銀行カードローンは限度額が最大で800万円から1000万円で設定されている事が多いです。それで多額の借り入れをしなければいけなくなった時に対応してもらう事が出来ます。ただ借り過ぎてしまう場合はデメリットになってしまいますが、計画的に多額の借り入れをする時はメリットになります。

bookmark_borderキャッシングの審査に落ちた時こそ冷静に

キャッシングを申し込む人はお金に余裕がない場合がほとんどなので、審査に落ちてしまった場合、焦って冷静さを失ってしまう人は少なくありません。

ですが審査に追ってしまった人こそ、冷静になり、なぜ審査に落ちてしまったのか見直し、冷静に行動する必要があります。

プロミスATMで駅の周辺でキャッシング※即日融資も可能です

審査に落ちてしまう原因は会社によって違いますが、過去5年以内に長期延滞など金融事故や債務整理を行なっていたり、現在の職業の勤続期間が半年未満の場合はまずどの消費者金融でも審査が通らない上に、自分で原因を解消できず、時間が過ぎるのを待つしかありません。

そうでない場合にはそのまま消費者金融に申し込めば新規契約できる可能性はありますが、1ヶ月に3つ4つの会社に新規契約を申し込むと、警戒心を呼び審査は通りにくくなります。

冷静に消費者金融の新規成約率、審査通過率について調べ、審査の通りやすさを最優先で消費者金融1社を選び、そこだけに絞って申し込みをするべきです。