bookmark_border友達に言われて恋愛感情を意識するタイプ

ふと気づくとその人のことを考えていた時などなど、人によって恋愛感情を意識するタイミングはいろいろだと思いますが、僕の場合は友達に言われたときに恋愛感情を意識するタイプです。

男友達から「お前あの子のこと好きだろ?」とか「あの子と仲いいけど付き合ってると思ってた。」とか「絶対告白待ちだよ。」とか言われてしまうと「ええ~そうかな~?」とか言いつつ、その相手の女の子のことを意識し始めてしまい、気が付くと夢中になってしまいます。

http://www.tanguera.org/

主体性が無くてなんだかかっこ悪いですがぶっちゃけ男の恋愛感情ってそんなもんではないでしょうか。
僕は女子比率の多い大学出身で、社会人になってからの職場も女性社員が多いこともあり割と女友達が多く、恋愛感情を意識せずに友達として接している女友達の人数だけは多いです。

ただ、男女の友情のバランスが崩れると全部の人間関係に影響が出るので、「頭の中でこの子かわいいな。彼氏いないんなら付き合えたらいいのに。」という妄想は頭の中にあっても、理性で抑えているのだと思います。

それを他の男の友達に代弁されることで、やっぱり僕はあの子のことが好きなんだと意識してしまい、そこから恋愛モードになってしまうのだと思います。そうなると表向きは男女の友達として接していても、もっと近づきたいと感じてしまい突如今まで通りだと苦しくなります。
ただ、恋愛モードになったからと言って行動に移せるかは別問題ですが。
僕以外も結構こういう男性は多いのではないでしょうか。

bookmark_border話し合いを保留したがる男と、保留すると忘れる女

 男の人って喧嘩や話し合いを保留したがりませんか?
少なくとも私がいままで付き合ってきた元カレや現在付き合っている彼はそうしたがります。

 私と彼が喧嘩をする時や話し合いをする時はほとんどの場合、そんなつもりなかったのに相手が傷つくことを言ってしまったときや意見や考えが一致せずお互いムキになってしまったとき。よくあるカップルの喧嘩ですよね。でも、意見のぶつかり合いが激しくなればなるほど、男性は「もう、それでいいよ」とか「また今度話し合おう」とか言い出すんですよね。私は、(その意見は違う!)(ちゃんと聞いてほしい)と思っていても次の日にはその時の感情を忘れてしまうんです。

http://hongkongoilpainting.org/

でも、また同じようなことが起こるとその時の記憶を鮮明に思い出すんです。だから「あの時だって…!」と引っ張り出してきてしまいます。すると男性は「今それは関係ないだろう」ってこんなやり取りよくありませんか?男性が話し合いを保留したがる理由が私にはよくわからないんですよね。だって今話したほうがいいじゃん。どうせ明日になったらしないくせにって思いませんか?
 そこで今付き合っている彼に話し合いを保留したがる理由を聞いてみました。彼の中には理由が主に三つあるようです。

まず一つ目に、その時の感情に任せて言わなくていいことまで言ってしまい、相手を傷つけてしまうかもしれないから
 これは正直意外な理由でした。喧嘩をしているときでもこれ以上傷つけないようにとか考えてくれているものなんですね。
次に、言い合いをしても勝てる気がしないから。

 これは分かりやすくて簡潔ですね。確かに、女性のほうが口が上手くて男性は言い合いをしても言い負かされてしまうと思っているのかもしれません。
最後に、冷静に話し合ったほうが、いい解決方法が見つかると思うから。
 確かにお互いに感情が不安定な時には、冷静な話し合いはできませんし、よい解決策も見つかりづらいかもしれません。

 この三つの理由を聞いて思ったことは、男性は感情的でない、冷静で効率的な話し合いを望んでいるのではないかということです。一度頭の中を整理してよく考えてから話し合いを進めたいのかもしれませんね。彼女をこれ以上傷つけまいとしている男性もいるということも覚えておきたいですね。

 女性は男性よりも感情的であることは確かであると思います。(今、問題が起こっているこの時に解決したい!)と思ってしまうかもしれませんが、たまには時間をおいて男性に考える時間を与えることで解決する問題もあるかもしれませんね。ただし、時間を置くふりをして喧嘩をなかったことにしてしまおうと考えている男性もいるかもしれないので、自分の気持ちが冷静になった時点で「あのことだけど、今なら冷静に話せると思うんだけど…」と切り出してみましょう。そうすれば、この前も同じようなことで喧嘩したのに全然進歩しない!なんてことは少なくなるかもしれませんね。

bookmark_border真冬に輝く織姫と彦星

これはわたしの思い出です。
当時地元のちいさなパチンコ店でバイトをしていたわたしは遅番専属でがんばっていました。12月の寒い日にいつものようにバイトへ出勤し仕事をしている時のことでした。

【公務員婚活110番】真剣な出会いを探して結婚したい女性は必見!

見たことのない男性客が20時過ぎに入店してきたのですが、よく「電撃がはしった」だとか「運命の人」なんて言葉をききますがまさにそれで、その男性をみた瞬間、心臓に何かが衝突してきたのです。人生今まで、「好きな人のタイプは?」なんてきかれても、よくわからず「好きになった人がタイプかな」なんて言っていましたが、まさにわたしのタイプはその人でした。一瞬みただけなのに、いっきに恋をしてその存在が近くにいることだけだ心臓がバクバクバクバク高鳴り、興奮状態でした。まさに「一目惚れ」です。彼が店内にいることが幸せで楽しくてワクワクして最高でした。それから彼は毎日夜20時過ぎになるとお店にきました。ただ眺めるだけでしたが、わたしは毎日毎日彼がくるのを待っていました。

会いたくて会いたくて。。。
そんなこんなで二ヶ月程そんな日々が続きましたが、ある日からぴたっと彼がお店に姿をあらわさなくなったのです。寂しくて寂しくてたまらなくて、せめて話しかければよかった、名前だけでも聞きたかったと後悔ばかりでした。一人で恋して一人で失恋したのかな。それから月日が流れ冬があけ春が訪れ去り、夏がきて去り秋がきて去り、また冬が戻ってきました。その頃には彼の存在や想いは消えて忘れていました。

しかし、またその時はやってきたのです。寒い12月、また彼が戻ってきました。彼をみた瞬間、わー!と一度止まった想い、時間、空間がつながったかのような感覚でした。会いたかった。話したかった。今度こそは。前回と同じように同じ時間にくる彼。きっとまた来なくなる。その焦りからある時勇気をふりしぼってやっと彼に話しかけることができました。「久しぶりですね。突然こなくなったから」彼とのはじまりでした。残念ながらこの会話の数日後彼はまた来られなくなりました。北海道出身の彼は冬の季節だけ雪で仕事がないため出稼ぎで、わたしの住む県にきていたそうです。何年かかったのかな。ある年の冬は名前や年や環境をきけて、ある年の冬は連絡先がきけて。ある年の冬は結ばれて。。残念ながら今は違う人と結婚して幸せにくらしていますが、彼の想い出は一生心の奥底にしまってあります。

bookmark_border5年前に戻れたらいいのに。

私は脳外科の看護師をしています。20歳に就職して現在9年目になります。私が働いている病院は1年間ごとに違う医者が東京から来て勤務しています。

子連れシンママ向けの婚活サービス!

20歳代後半から30代前半の医者が来ていました。個性の強い医者ばかりでしたが私が23歳の時33歳の男性医師が転勤してきました。裏表が無く、患者さんにもスタッフにもとても優しい医師でした。私は一緒に働いて行く中でその医師が気になるようになり、頻回に食事に行ったり、家に行くようになりました。

しかしその医師には東京に結婚を約束した彼女がいて、1年間働いたら東京に戻ってしまいます。好きにはなってはいけない相手だとわかっていましたが、日に日に好きになりこの人とずっと一緒に居たい、結婚したいと思うようになりました。

私はその事を彼に伝えました。彼は私とは一緒になれないと思っていましたが、とても優しい人だったので突き放すことも無く、いつもと変わらずに接してくれていました。そんな曖昧な関係のまま1年が経ったころ、私は最後の最後まで一緒に過ごしたくて、忙しい彼でしたが一緒に過ごしたい事を伝えると、スケジュールを空けてくれ、一緒に過ごしてくれました。

そんな事をされるともっともっと好きになりましたが彼は東京に帰ってしまいました。東京の彼女と一緒にいるのを考えるととても心苦しかったです。1年に数回東京からこちらへ遊びに来てくれたときにはいつも会う時間を作ってくれて、変わらず優しい人でした。ある日、彼が東京で結婚した事を聞きました。涙が止まらなかったけど、彼がそれで幸せならよかったと言う気持ちでした。

それから数年後、私も結婚し子どもを出産しました。お互いに幸せな生活を送っていると思っていたら、彼が離婚している事を聞きました。私はあの時もっと彼に好きだと伝えていたらとか、彼を追いかけて東京に行っていたらとか色々考えました。5年前に戻って5年前の私にもっと頑張れ、思いをしっかり伝えて彼を自分の物にしなさい、と言いたいです。今、私はとても幸せな日々を送っていますがあの時彼と付き合えていたら違う幸せもあったのかな、と思いました。

大好きな人と好きなタイミングで結婚して大好きな人との子どもを授かり、一緒に暮らせたらどんなに幸せな事だろうと思いました。5年前に戻りたいです。

bookmark_border20代の時の古き良き彼女との思い出

20代の時彼女と初めてデートに行った時のことです。私は「ボウリング」が得意なので、デートでボウリングに行くことにしました。
彼女は、ボウリングは全然できないというほどではありませんでしたが、あまり得意というほどでもなさそうなので、これは私にとって
チャンスだと思いました。(まあ最初からこれは計算の内に入ってましたが。)

http://noveinicijative.org/

ボウリング場に着き受付を済ませ指定したレーンに行きました。そのあと「ボール選び」です。僕はだいたい「12~13ポンド」くら
いのボールを選びます。ボールは重ければ重いほど破壊力が増します。そして彼女がどんなボールを選んでいるのかな、と思い見に行く
と「ピンクの8ポンド」を選んでいました。なんかそれを見てほほえましく思えてしまいました。
一通り準備も整い、いざ投球開始です。先述した通り私はボウリングが得意なので「ガター」になることはまず無く、コンスタンツに
「ストライク」と「スペア」を重ねていきました。一方彼女は「溝の掃除(ガターのことを比喩でこんな風に言ったりします)」ばか
りが続きました。
ここで私の出番です。「やさしく・丁寧に」手取り足取り彼女にコツの伝授です。彼女も真剣に聞いてくれるので私にとっては至福の
の時でした。
楽しかったあの頃を今も思い出します。

bookmark_border男女の関係が復活しました。

彼女とは同じ会社。年齢は離れているんですが、入社時期は3ヶ月ほどしか違わないので、入社当時から、よく話したりご飯を食べに行ったりしていました。

20代の若い女性を恋人に!自衛隊にオススメの結婚相談所!

ただ、実は私は既婚。ですので、会社には当然内緒ですし、社内の人でもほとんどは知らない話でした。そんな二人なのですが、付き合って2年くらい経ったときに、彼女も結婚を意識するようになり、私とは結婚する気はなかったので、彼氏を見つけると言い出したのです。私もそれに同意し、別れる事にしたのです。しかし、彼女もそのまま会社を辞める事もしなかったので、彼女と別れた後も社内ではたまにすれ違う事はあったのです。そして、別れた後でも、というより別れた後の方が社内では気軽に話すようになっていったのです。

そんな生活が続いていたのですが、同僚伝手に彼女も彼氏が出来たらしいという話も聞き、素直に良かったなと思っていたのです。

その後も、平穏な生活が続いていたのですが、ある時彼女から久しぶりに飲みに行きたいとメッセージがあり、行くことにしたのです。

すると、彼女は今の彼氏に不満はないけれども、楽しくもないという愚痴が始まり、二人の間で最初は過去の話をしていたのですが、徐々にこれからの話。そして、そのこれからを二人で一緒に居たいという話になったのです。

そして、まだ結婚は解りませんが、また付き合うようになったのです。

bookmark_border1か月に1回のデート

私は、子持ちの彼女がいます。彼女は私と同い年で28歳になります。夫に浮気をされ離婚をした、2年後に友達の紹介で私と出会いました。子供は女の子で6歳で若いころの子供だっとそうです。とてもかわいいのですが、とても甘えん坊で、とても活発的で、且、とてもわがままです。http://idahoioof.org/

正直、ものすごい世話がやけます。また、私も、彼女も、地元企業の正社員として役職をもっているので、とても忙しいため、二人だけで時間をとるということは、ほぼありません。つい最近から、私も子供の面倒を見たいということで同棲させていただいてますが仕事や子育て家事で疲れた二人は、ぐったりして倒れるようにして眠りにつきます。

二人で働きながら、子供を育てるのは、こんなに大変なことなのかと実感しております。こんな状況でも、お互い月に1回だけ指定休をとる日があります。それは、彼女の母親が、彼女の子供(孫)を連れて温泉に泊まりに行く習慣が月に1回だけあります。

その日に合わせて二人で指定休みを取ります。その日だけは二人の空間になります。計画を練って温泉に行ったり、レジャー施設に行ったり、その日を二人はとても大事にしています。この月一回の日をアルバムにしています。それを見返して、二人で思い出に浸るのが私の幸せになっています。この前の月一回の二人の時間は計画をたててる暇もなかったのでどこもいけませんでした。ふと思い立ち彼女を近くの公園に誘い、散歩することになりました。あの時は、快晴でとても気持ちがいい日でした。

40分くらいぼーっとあるいていると、ふと結婚したいなと口から出てしまいました。恥ずかしながらいつの間にかプロポーズしていました。それを快く受け入れてくれた彼女は、現在は私のお嫁さんです。アルバムの最後のページは、近所の公園でプロポーズした、私と彼女の笑顔のツーショット写真でとじてあります。

bookmark_border言葉や態度で示さないと伝わらない

付き合って1年の彼氏がいました。

もともと結婚願望が強かったので、付き合う当初から結婚前提で3年経ったら結婚しようという話はしていました。

そんな時、彼が海外出張に行くことになりました。

期限は3ヶ月間です。

仕事の進み具合では延長の可能性もあります。

同じ職場で家も車ですぐの距離だったので、長期間離れるのは初めてのことでした。

その分、会える間に会い、連絡を取り合い、思い出を作りたいと思っていました。

ただ、彼の仕事は普段から多忙です。

朝早くから夜遅く、家に仕事を持ち帰ることもよくあり、なかなか思うように時間が取れません。

プラスで、彼はもともと連絡の少ない人でした。

仕事終わりの職場から家までに運転中に車に繋いだ電話で話をするのは日課でしたが、メールは全く無しです。

私からは1日に2,3通送りますが、返信はありません。

気づけば、10日間、彼からのメールを受信していませんでした。シングルマザーの婚活ナビ | シンママ向けの出会いの場

会えなくなるのに、こんな連絡も取れないのでは、3ヶ月も離れて大丈夫かなと不安でいっぱいになりました。

そして、出張前にできる唯一のイベントは花火大会でした。

どうしても行きたかった私に対し、彼はその日も仕事で、仕事が長引いたことで渋滞にはまり、疲れてしまい、キャンセルの連絡が来ました。

あまりの温度差に、飽きられてしまったのだろうと思い、別れることを決意しました。

数日後、別れ話をするつもりで会いに行きました。

私は彼のことをは好きでも、彼が私への興味がなくなってしまったのだろうと、仕方が無いと思い、最後にデートを楽しもうと。

そして一緒にご飯を食べている時、彼が言いました。

「本屋行こうか。ゼクシィ買いに行こう」と。

「え?」

彼は別れることどころか、結婚を考えていました。

海外出張で結婚のことを話せる時間が減ってしまうから、その前にゼクシィで勉強しようと。

あまりの思いのすれ違いと衝撃に涙が溢れました。

そして、思っていることはちゃんと言葉に出したり、態度で示さないとここまでズレが生じるのだと感じる出来事でした。

この後、お互いの思いを伝え合い、無事結婚しました。