薄毛対策のせいで新たな問題が発生

頭頂部を中心に薄毛が進行し、ここ数年はどうにも髪型が決まらなくなってきてしまいました。特に湿気の多い雨天や曇天時は悲惨で、どんなに丁寧にセットしても、自宅に帰る頃には頭頂部がまるで鳥の巣の様な天然パーマ状態となってしまいます。ベルタヘアローション

最近になってようやく自分の中でも諦めが付き、バリカンで丁寧に刈り上げ薄い部分と濃い部分との差が付き難い様仕上げる様になったのですが、これはこれで別の問題を引き起こしてしまいます。

一つはデリケートな頭皮をダイレクトに外気に晒してしまう為、これまで以上に痒みやフケ等の症状が酷く現れる様になってしまった事。もう一つは頭皮からの汗が直接蒸発し、好みで被っている帽子の中央部に大きな汗染みを作る様になってしまった事です。

頭皮の痒みやフケに関しては保湿成分が強めのコンディショナーを頻繁に用いる事により、何とか食い止められる様になったものの、帽子の汗染みに関しては根本的な対策が一切無く、帽子の洗濯回数を増やすしかありませんでした。

せっかく気に入り購入した帽子も頻繁な洗濯の為色落ちが激しく、早目に買い替えなければなりません。そこで最近は色落ちして味が出てくるデニムキャップを意識して被る様にしています。