ニキビができる原因と予防方法について

今回はニキビの原因と予防方法などについてご紹介します。

ヴィオテラスCセラムを3ヶ月間使用

ニキビは皮脂の分泌量の増加、毛穴の詰まり、性ホルモンの影響、アクネ菌の増加などが原因で発生します。

特に性ホルモンと皮脂の分泌量は密接に関係しており、性ホルモンの影響で皮脂腺が発達し、活発に皮脂を分泌します。

また、皮脂が毛穴を詰まらせて皮脂が毛穴内に溜まることでも発生します。この状態のことを「コメド」と呼び、コメドは白や黒色のぶつぶつで、触るとザラザラした感じがします。

コメドを放っておくと毛穴の中のアクネ菌が増殖し、炎症を起こして膿が溜まり腫上がります。そうやって出来た赤や黄色の出来物がニキビです。

ではどのようにして予防すればよいのでしょうか。

皮脂の分泌はホルモンバランスの乱れやストレスが原因で増加します。なので、なるべくストレスを溜めず、規則正しい生活をおくることで予防できます。

毛穴の詰まりは洗顔や皮膚細胞の代謝を促進させ、皮脂や古い角質を落とすことで予防でき、アクネ菌は、誰の肌にもいる常在菌で、毛穴が詰まって皮脂が溜まることで増殖します。なのでアクネ菌の増殖は先述の洗顔や肌の代謝アップで予防することができます。

また、洗顔後は肌の保湿を行い、肌の角質層を柔らかくします。角質層を柔らかくすることで毛穴が詰まりにくくなり、よりニキビを効率的に予防することができます。

一度ニキビ跡ができてしまうと治すのに時間と費用が掛かってしまうのでそうなる前にきちんと予防することが大切です。