二の腕のブツブツ、ニキビ?鮫肌?

肌の悩みで多いのがまず顔だと思うが、今回は二の腕にできる赤いブツブツ鮫肌について書こうと思う。

ネーヴェクレマを徹底評価!

なんでこのテーマにしたかと言うと、顔については医療クリニックへ言って高いお金を払えばなんとかなる話だが

腕の鮫肌については、治療法は聞いた事が無く、病院へ行って薬を処方されて治った!と言う人は私の周りでは聞いたことがない。

そして、私も元々鮫肌だったからだ。

私は以前美容脱毛エステで働いていて、お客様の身体について色々と相談を受けていた。

例えば顔のニキビやニキビ跡が消えない、保湿を行なっても乾燥する等。

やはり顔についての悩みが多かったがそれと同じぐらい相談を受けていたのが腕のブツブツについてだ。

夏になるとオフショルやノースリーブを着たいのにこの腕のせいで着れない。

異性の友達や女の友達でも腕を見られたり触られるのも恥ずかしい。

医者に見てもらったが保湿ローションタイプの塗り薬処方されるが全く変わらず、

加齢で消えると言われ大体どのぐらいの年月か聞くと40年と言われたとか。

私がお客様へそのような相談を受けたらこう返していた。

まずたっぷり保湿をしてあげる。

いい化粧水だから少しだけ、、、はNGだ。

この時に重要なのが、

ボディークリームだけではなく、顔を保湿するやり方同様で

化粧水のような水分物をたっぷりつけた後にクリームで蓋をする。

これが一番保湿力が高いやり方。

ちなみに化粧水のみだと冬場は蒸発してさらに乾燥の原因になる。

クリームだけだとお肌の表面しか保湿されていない状態の為、保湿しても乾燥する人は

化粧水もつけてあげるといいだろう。

保湿をしてあげることによりお肌の硬いブツブツが柔らかくなり

赤みが徐々に引いてくる。赤みが引き茶色に枯れて状態で、光脱毛の光を当てると

お肌のターンオーバーが活性化され、元通りのお肌に生まれ変わっていく。

だからまず保湿を頑張ってみて様子見ましょうと。

しっかり継続してくれたお客様のお肌は、全くケアしていなかった頃に比べると見違える程お肌が綺麗になっていた。

保湿はまず面倒なのはかなり共感する。

でも騙されたと思ってやってみる価値はある。

私の場合は光脱毛せず保湿だけで約3ヶ月ほど続けて効果を実感出来た。

特別高い保湿剤を使っていたわけでは無い。

敏感肌に強い味方、キュレルのジェルローションだ。

きっと同じ悩みをもっている方も多いと思う。

是非参考にして欲しい。