栄養士の卵のダイエット

大学生のころのダイエット成功談です。http://www.parkbench-drive.com/
私が女子大の栄養学科に入学して驚いたのは、みんな細いこと!何を食べて生きているのか不思議に思うくらい華奢な子が多いクラスでした。

栄養士になるには、自分が健康的に痩せてみせないとと思った私は、ダイエットを決意したのです。

ダイエットと言っても、栄養学の人体実験を自分ですればいいので、大学生の私にとっては勉強の範疇でした。

食事のバランスを考えること、量をきめること、普段よく食べるおやつのカロリーを調べること、有酸素運動と筋トレ。この生活を続けるうち、2年ほどで、60キロあった体重が54キロになり、周囲からも「やせたね」と言われるほど、目に見える変化がありました。

当時の私は、ダイエットに成功したこともうれしかったし、勉強を頑張ったんだという自信にもつながりました。

ダイエットをして気づいたことは、自分が普段どうしてもやめられないおやつが、ものすごく高カロリーであること。特に芋けんぴが大好きで、今思うと、あんな炭水化物+油+砂糖のばけものカロリーおやつをよく毎日食べていたなぁと思います。栄養学科に入っていなかったら、若さゆえの食欲で、あのまま激太りしていたでしょう。

ダイエットで得た健康的な体と栄養士の資格が、いまの私の宝物です。