空腹で困った時には飴を舐めよう

どんな人にでも我慢できないようなことって、一つくらいはありますよね。

例えば、空腹もその一つだと思います。空腹になると気が散って集中できなくなり、単純なミスをして上司に叱られたり、重要な書類を忘れてしまわないように、日頃からしっかりとご飯を食べるように習慣を付けておきたいですね。辛口評価!ギュギュギュの効果と私の口コミ!3ヶ月履いてみた結果…!

しかし、ご飯を食べてきたはずなのに、なぜか?空腹になってしまう時がありますね。

そういった時には空腹を我慢できそうなら、そのまま我慢したいところですが、我慢できそうにない場合は口に入れる物がほしくなりますよね。

そこで、食べ過ぎになってしまう心配を無くしつつ、空腹を紛らわすのに丁度いい物が飴なんですね。飴の中には甘みが強い物もありますが、空腹を紛らわしたい時には、甘さを控えめにした種類の物を舐めるのが良いと思います。その理由は、甘さを控えめにした飴の方が一粒毎のカロリーもより低くなっているところにあります。

たしかに我慢することも大切ではありますが、無理をして我慢し続けるというのも体にはあまり良くないと思うので、空腹が辛い時には体にも嬉しい低カロリーの飴を舐めて、ご飯までの合間を上手く繋げて頂きたいと思います。

私がお勧めするのど飴は、ノンシュガーの果実のど飴です。食欲を感じたら我慢せずにのど飴を舐めることで血糖値の上昇を抑えることができます。