気分屋息子の食わず嫌い

3歳の息子の食わず嫌いと奮闘しています。セノッピーの3ヶ月の口コミを暴露!

息子の食わず嫌いが始まったのは2歳になる頃。

離乳食を始めてからずっとなんでも食べてくれる子だったのですが、そんな日々が一変しました。

それまで平気で食べていたお肉やお魚、野菜など、目につくものはみんなお皿の外に捨ててしまいます。

大好きだったはずのお味噌汁やヨーグルトやパンまで一口も食べなくなり、一時は納豆ご飯やうどんだけ食べて育っているんじゃないかと思うほどでした。

最近はその頃に比べると多少食べられる物が増えてきたものの、食わず嫌いはまだまだ健在です。

ソーセージ以外のお肉は食べず、野菜も人参とぶなしめじ時々トマトと言った状態。

先日ついに数日前まで食べていたツナを嫌がり始めてしまいました。

子供に大人気なはずのハンバーグやオムライスも「嫌!」の一点張りです。

ネットで検索すると、『見た目を楽しく』や『切り方や大きさを変えてみて』など出てきますが、残念ながら息子には通用しません。

今日も夕飯をキャラ弁風にしてみたのですが、ほんのちょっと喜んだかと思いきや「卵がねぇ、食べないの」と言って無情にも気に入らない食材を除け始めていました…

そして相変わらずヨーグルトを食べない息子ですが、同じヨーグルトでも飲むヨーグルトやパウチに入ったものは喜んで食べるんですよね。

たぶん、味がどうこうではなくて単純に気分次第なのでしょう。

明日は食べてくれるかもしれないと少しだけ期待しつつ、『いつか食べる』と思って頑張りすぎないように向かい合いたいと思います。